icon_arrow_right icon_arrow_right_bottom

bisen 北海道芸術デザイン専門学校

環境デザイン学科(2年制)

クラフトデザイン専攻

目指す職種

  • 職人・クラフト系デザイン制作
  • 企画・開発デザイナー
  • アクセサリー・家具ショップバイヤー
  • 大道具制作・ディスプレイ業

目指す資格

  • Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • Photoshop®クリエイター能力認定試験
  • 建築CAD検定
  • 貴金属装身具製作技能士(国家資格)
  • ガス溶接技能講習

クラフトデザイン専攻のポイント

設備の整った工房で学ぶ。

木工・陶芸・鋳造の3つの工房があり、プロが使用する設備と道具がそろっています。知識と技術を身につけて、工芸作家や職人の世界へ!

幅広い年齢層が学ぶ専攻。

高校現役卒業から入学する人も多いですが、大卒者や社会人入学も多いのが特徴。異なる年齢の同級生とのものづくりは、社会に出てからも役立つ学びの1つです。

連携企業との充実した校外活動。

校外活動として、職業実践授業や交流活動を実施しています。創作の現場では、学内の工房では得られない体験も。新しい素材や技術を知るきっかけに。

人とのつながりがものづくりの原点!
多彩な校外学習!

ASAHIKAWA DESIGN WEEK
2019 見学

ASAHIKAWA DESIGN WEEK 2019 見学

旭川市で毎年行われる家具見本市をバスツアーにて見学します。先輩から家具のことや仕事のことなどアドバイスを受け、実際の製造現場も知ることができる貴重な機会となっています。今のトレンドに触れて、クラフトチームのワクワクは止まらない!

職業実践授業
-学生コミュニティ施設「Connect∞もり」森町・社会実装プロジェクト-

職業実践授業

産官学の共同事業として地域材を使った家具作りに取り組みました。地元の方や訪れる方に対して木の良さ、資源を身近に感じてもらうもので、ものづくりを通して接続可能な環境提案を実践しました。
連携先:株式会社ハルキ/渡島総合振興局

在校生インタビュー

金属が形を変えていく「鍛金」が好きです。

芸能界に憧れて目指した仕事が、テレビ番組や舞台の大道具・小道具制作です。bisenなら専門技術や知識を学び、夢を叶えられると思って入学しました。さまざまな工芸の技法を学んでいますが、好きなのは「鍛金」。金槌で打つと金属の板が、フライパンになったり箱になったりフィギュアになったりと、いろいろなものに変化するのがおもしろいです。自分に足りないのは独創的なデザイン。過去の作品を見直して、自分らしさとは何かを考えています。それを追求して、自分が納得できる傑作を生み出したいです。

会田 知弘さん

クラフトデザイン専攻 1年

会田 知弘さん
[深川東高校出身]

学生作品(画像をクリックで拡大・作品詳細)

リニカ(木工)

リニカ(木工)

木管楽器のメンテナンスを目的とした奏者の舞台裏を支えるためのデスクとスツール。

坂本 奈々さん

MUTUAL

MUTUAL(木工・金工)

木と鉄を組み合わせたロッキングチェアーを制作。それぞれの素材と向き合い、良さを表現した。

前田 裕人さん

Plant(ジュエリー)

Plant(ジュエリー)

花の概念にとらわれない花の形を私なりに表現しました。

儀保 美波さん

水が生きるとき(木材工芸)

水が生きるとき(木材工芸)

水をイメージした照明を制作。天井に波紋を映し出し、光の空間を創ります。

難波 圭輔さん

I-RU(木材工芸)

I-RU(木材工芸)

人間のように個性を持ち存在感のある家具。そこに「ある」ではなく、そこに「いる」。人と共に佇む家具を。

武藤 海地さん

空中庭園(陶芸)

空中庭園(陶芸)

風に吹かれる木を表現した花器。おおらかな曲線と流れる釉薬で深呼吸したくなる清涼感を。

𠮷川 知江さん

雨の日も晴れ(木材工芸)

雨の日も晴れ(木材工芸)

背もたれクッションで立ったままでも快適。雨が降ってほしいと思える傘立てです。

菊地 映利さん

月の鼓動(シルバージュエリー)

月の鼓動(シルバージュエリー)

月のエネルギーをイメージして、多種の貴金属で表現しました。

小山内 悠貴さん

Division

Division(木材工芸)

ディスプレイ用の棚です。組み合わせることで、色々な展開ができます。

山本 賢治さん

プロとして活躍中!クラフトデザイン専攻の卒業生

(クリックでインタビュー詳細)

クリエイター

本校非常勤講師
フリーランス
木村 一夢さん
(本校第45期卒業)

ものづくりの魅力は、正解がないこと
さまざまな素材や作品に挑戦したい

ものづくりには正解がなく、答えは自分で見つけるもの。難しいけれども、やりがいであり魅力でもあります。試行錯誤しながらうまく形にできた作品が、お客さまに喜ばれるとうれしいです。思い出深い仕事は、北海道の木をPRする企画「台湾Project」。テーブルやイスを制作、台湾のカフェで設営まで行いました。これからも、さまざまな素材を使って新しいものづくりに挑戦しながら、道外にも活動の場を広げたいです。

PROFILE

1993年生まれ。木材をメインの素材として、店舗用の家具や看板を制作している。木材とレジンを組み合わせたアクセサリー「Wood+Resin ピアス」の制作も。

陶芸家

本校非常勤講師
北海道陶芸協会 円山陶房
大石 俊久さん
(本校第39期卒業)

多くの方に“やきもの”をつくることの
面白さを伝えていきたいです

陶芸教室で教える仕事に携わりながら作品を制作し、個展などの展示の機会も頂いて活動しております。僕は山で掘ってきた土で作品をつくったりするのですが、焼くことで予想できない変化を見せる土という素材の面白さに、無限の可能性を感じます。陶芸の何となくのイメージはあっても、制作過程や奥深さを知らない方は多いので、さらにたくさんの方に“やきもの”の魅力を伝えていきたいです。

PROFILE

1980年岩手県出身。2007年より下沢敏也氏に師事・円山陶房に所属。陶芸教室の講師を担当しながら、『層』をテーマに大地が内包する記録・記憶をいかに表現できるかを模索しながら活動中。

宝飾修理士・ワークショップ講師

株式会社 一宝
長谷川 真衣さん
(本校第49期卒業)

価格や希少性ではなく
想いがジュエリーの価値を高めていきます

ジュエリーの修理や、結婚指輪をつくるワークショップの講師をしています。結婚指輪やプレゼント、自分へのご褒美など、ジュエリーには大切な想いが込められています。その修理に携われることは、この仕事の大きなやりがいです。ジュエリーをお渡ししたときのお客様の笑顔が「この仕事でよかった」と思わせてくれますね。将来は、オリジナルデザインでたくさんの人を笑顔にするジュエリーを制作したいです。

PROFILE

1997年生まれ。2018年に株式会社一宝に入社。技術を磨きながら体験型結婚指輪作りの指導、ジュエリー修理の仕事をしている。

家具製造

株式会社 匠工芸
丸山 将貴さん
(本校第51期卒業)

職人の技術と知識が結集した
ものづくりをしています

椅子を中心に家具を製造・販売している「匠工芸」。機械生産が主流となるなか、創業以来、手作業の家具づくりを続けてきました。私は職人として、製材をはじめとする加工から組み立て、仕上げまでを手がけています。何年にもわたって使われ、何世代にも受け継がれていく̶そんな家具をつくりたい。ものづくりができることに感謝し、これからも技術の向上に励みます。

PROFILE

1998年生まれ。ものづくりに興味があり、bisenに入学。2019年、家具職人として「匠工芸」に入社。目標は、これからの時代にふさわしい家具を考え、長く愛されるものをつくること。

板金加工業・企画開発(グループリーダー)

株式会社トリパス
大島 改さん
(本校第40期卒業)

デザインと金属加工の技術で
世の中をもっと面白く

アウトドア製品の企画立案、デザイン、設計、サンプル制作などの開発を行っています。金属加工業の技術は日々急速に進化しており、人間が想像するものが簡単に形にできるようになってきています。デザインと技術力を同時に活かせる製品開発は、私にとって魅力的な仕事。これからも多くの製品を作り上げ、世の中も自分たちも楽しめるような会社にしていくのが今の目標です。

PROFILE

1986年生まれ。現在は企画開発のグループリーダーを務め、治具の設計、製品の設計と提案、新技術紹介、展示会の企画と装飾物の作製、工場見学会なども担当している。

企画・デザイン

うんがぷらす株式会社
矢野 梢さん
(本校第49期卒業)

地元に愛されるブランドを
地元の方とともに作っていきたい

小樽の歴史や文化を伝える、オリジナル商品の販売・企画をしています。在学中に参加したプロジェクトで、地域の素材を使ってものづくりを行い現地でお披露目した経験が、今の仕事に繋がっていると強く感じます。令和元年には小樽市指定の歴史的建造物「旧小樽倉庫」に初店舗を出店しました。小樽に根付いたこの場所を大切にしながら、地元の方々とともにUNGA↑を育てていきたいです。

PROFILE

1993年生まれ。短期大学を卒業後、ものづくりの勉強をするためにbisenへ入学。2017年にUNGA↑(うんがぷらす)株式会社に入社し、現在は店舗運営や企画を行っている。

パンフレット

専攻をもっと詳しく知りたい!
そんな方は、

資料を取り寄せてチェック!

資料を取り寄せてチェック!

オープンキャンパスで授業を体験!

オープンキャンパスで授業を体験!