髙山 侑也さん

卒業制作

  • Tori-i

    鳥居をモチーフにしたアームチェア。シウリサクラ材の赤みが美しい。座編みも研究し全体的に重量も軽い。

  • Tori-i

    鳥居をモチーフにしたアームチェア。シウリサクラ材の赤みが美しい。座編みも研究し全体的に重量も軽い。

  • Tori-i

    鳥居をモチーフにしたアームチェア。シウリサクラ材の赤みが美しい。座編みも研究し全体的に重量も軽い。

三品 沙也加さん

卒業制作

  • wind flowers

    アネモネの花をリングやネックレスのデザインに取り入れた。風車のように花びらが回るギミック。シルバー925。

  • wind flowers

    アネモネの花をリングやネックレスのデザインに取り入れた。風車のように花びらが回るギミック。シルバー925。

  • wind flowers

    アネモネの花をリングやネックレスのデザインに取り入れた。風車のように花びらが回るギミック。シルバー925。

小原 朋栞さん

卒業制作

  • Hourglass figure

    木製書棚。斜めの形が見る角度によって印象が変化する。上下に分かれ、色違いで組み合わせることも可能。

  • Hourglass figure

    木製書棚。斜めの形が見る角度によって印象が変化する。上下に分かれ、色違いで組み合わせることも可能。

山口 優花さん

卒業制作

  • Hibiri

    アスファルトが割れ、植物の芽がでる風景を陶製のオブジェ(花器にもなる)で表現。マットなヒビの質感にこだわった。

  • Hibiri

    アスファルトが割れ、植物の芽がでる風景を陶製のオブジェ(花器にもなる)で表現。マットなヒビの質感にこだわった。

  • Hibiri

    アスファルトが割れ、植物の芽がでる風景を陶製のオブジェ(花器にもなる)で表現。マットなヒビの質感にこだわった。

佐々木 瑠奈さん

卒業制作

  • 冬ごもり

    2歳から5歳児のためのトドマツ製の遊具。小動物が木に隠れる様子に見立て、子どもの創造力を育む仕掛けを考えた。

  • 冬ごもり

    2歳から5歳児のためのトドマツ製の遊具。小動物が木に隠れる様子に見立て、子どもの創造力を育む仕掛けを考えた。

金丸 虎次朗さん

卒業制作

  • APOLO

    明月院に感動し、和の空間に合うデザインを目指した。旅館の広縁においてほしい。木(イタヤカエデ)の家具が100年使ってもらえるよう耐えうる加工。

  • APOLO

    明月院に感動し、和の空間に合うデザインを目指した。旅館の広縁においてほしい。木(イタヤカエデ)の家具が100年使ってもらえるよう耐えうる加工。

  • APOLO

    明月院に感動し、和の空間に合うデザインを目指した。旅館の広縁においてほしい。木(イタヤカエデ)の家具が100年使ってもらえるよう耐えうる加工。

小西 花奈さん

卒業制作

  • Donut Jug

    南欧風な明るいピッチャーとマグカップのセット。釉薬の違いで持ち手は滑りにくくするなど使うことにも優しく。

  • Donut Jug

    南欧風な明るいピッチャーとマグカップのセット。釉薬の違いで持ち手は滑りにくくするなど使うことにも優しく。

小林 澪さん

卒業制作

  • for while…

    木の葉に水滴がついたシーンをソファで表現。クッションの合間にテーブル使いができる丸いくぼみがある。隣同士は程よい距離感。

  • for while…

    木の葉に水滴がついたシーンをソファで表現。クッションの合間にテーブル使いができる丸いくぼみがある。隣同士は程よい距離感。

  • for while…

    木の葉に水滴がついたシーンをソファで表現。クッションの合間にテーブル使いができる丸いくぼみがある。隣同士は程よい距離感。

札幌でデザイン系・建築系の専門職を目指す!北海道芸術デザイン専門学校

環境デザイン学科クラフトデザイン専攻

家具や、アクセサリー、やきものを作りたい、作る!思いが叶う制作の場。

「クラフト」という響きは人が手掛けた暖かみのあるものづくりそのものです。造形作家、職人を目指して、スキルを身につける専攻です。

クラフトデザイン専攻の特徴

設備の整った工房で学ぶ

木工・陶芸・シルバーアクセサリー・金属の4つの工房があり、プロが使用する設備と道具がそろっています。知識と技術を身につけて、工芸作家や職人の世界へ!

幅広い年齢層が学ぶ専攻

高校現役卒業から入学する人も多いですが、大卒者や社会人入学も多いのが特徴。異なる年齢の同級生とのものづくりは、社会に出てからも役立つ学びの1つです。

連携企業との充実した校外活動

校外活動として、職業実践授業や交流活動を実施しています。創作の現場では、学内の工房では得られない体験も。新しい素材や技術を知るきっかけに。

目指せる資格

  • Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • Photoshop®クリエイター能力認定試験
  • 建築CAD検定
  • 貴金属装身具製作技能士(国家資格)
  • ガス溶接技能講習

卒業後の進路・目指す職業

  • 職人・クラフト系デザイン制作
  • 企画・開発デザイナー
  • アクセサリー・家具ショップバイヤー
  • 大道具制作・ディスプレイ業

数字で見るクラフトデザイン専攻

男女比

4:6

※2021年 実績

アルバイト
している割合

40%

※2021年2年生 実績

クラフトデザイン専攻の授業 Pick up

  • 1年・前期

基礎演習

木工・陶芸・鋳造(ジュエリー)の各分野を履修します。
専門の工具や道具を用いてテーブルウェアや身に着けるものを作る授業です。制作の過程で用語や技術を学んでいくスタイルです。

  • 2年・前期(選択)

演習Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ

より専門的に木工・陶芸・鋳造・金工の中から選択して履修します。
技法習得のための課題や用途・材料の可能性を考える課題が出され、加工の手順を考えながら制作する応用演習の授業です。

  • 2年・前期

CAD演習

仕事の中で製作物の設計図理解は必須です。図法を覚え、製造の際の手順、合理性につなげます。建築CAD検定試験合格を目指します。

  • 2年・前期(選択)

造形演習

レーザー加工や3Dプリンタの仕組みを理解する科目。発想を広げ、柔軟性を養います。

授業カリキュラム

時間割例

クラフトデザイン専攻の時間割例(1年・前期)です。

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日

1限目9:30~10:45

デッサン

工芸概論

一般教養/
DTPⅠ

金属加工基礎演習

鋳造基礎演習

2限目10:55~12:10

昼休み12:10~13:00

3限目13:00~14:15

プランニング

木工基礎演習

造形デザイン

製図デザイン

陶芸基礎演習

4限目14:25~15:40

2年間の学び

前期/後期 クラフトデザイン専攻の2年間 学校スケジュール

1年

前期4月〜9月

素材加工・道具や工具の扱い・専門用語を習得します。

デッサンやDTPで描画表現を身につけ、製図の知識を覚えます。造形デザインでは美術・彫刻・伝統工芸に触れ、立体制作の面白さを知ります。


  • 素材加工の基礎技術 

    木工・陶芸・鋳造・金属加工基礎演習

  • 素材加工の基礎技術 

    製図デザイン/造形デザイン/プランニング

  • 美術・造形の基礎 

    デッサン/造形デザイン/工芸概論

  • ソフトの基本操作 

    DTP演習(Illustrator/Photoshop)

4月
入学式
5月
新入生歓迎会
7月
体育祭
7月中旬
夏休み
9月
学校祭
9月末
前期末休み

後期10月〜3月

本格的な機械加工・電動工具を使った技術を覚え、技法の知識を身につけます。

立体表現で審美眼を養い、プレゼンテーションでは作品の発表を具体的に行います。進級制作ではオリジナルデザインにチャレンジします。


  • 加工の技術 

    木工・陶芸・鋳造・金工演習/工芸研究/立体表現

  • プレゼンの技術 

    プレゼンテーション/色彩演習/環境デザイン

12月
冬休み
1月
交換留学生派遣
1月
ヨーロッパ研修(希望者)
2月
進級制作審査
3月
春休み

2年

前期4月〜9月

進路に合わせた選択科目から、より専門性に特化した実践的な技術を習得します。

素材の可能性を探り、実現できる形の探求の大事さや人と物事の関わりを学び、風土や生活を見つめたものづくりを目指します。


  • 各分野の演習 

    木工・陶芸・鋳造・金工演習/素材研究/空間表現

  • CAD・機械加工 

    CAD演習/造形演習

5月
新入生歓迎会
7月
体育祭
7月中旬
夏休み
9月
学校祭
9月末
前期末休み

後期10月〜3月

卒業制作

集大成として、制作期間約3カ月の中で卒業制作を行います。

12月
卒業制作審査
12月
冬休み
1月
交換留学生派遣
1月
ヨーロッパ研修(希望者)
2月
卒業制作展
3月
卒業式

卒業制作

2年間の学習で身につけた専門知識と技術の集大成となる作品です。

在校生インタビュー

金属がもっと身近な素材になるように。

家具を作る木工に興味がありましたが、入学してから金属加工も好きになりました。特に、金属を打って形を変える「鍛金」の授業が面白いです。それまで金属は硬く冷たいイメージでしたが、先生が制作したコップに触れて以来、柔らかく身近な素材に感じています。実際の作業は簡単そうに見えても絶妙なコツやテクニックが必要。先生は、そのポイントを分かりやすくアドバイスしてくれます。思い通りの形になった時の、達成感はたまりません!いつか金属がもっと身近なものになるように、生活用品を作ることが目標です。

髙橋 晃哉さん

クラフトデザイン専攻2年池上学院高校出身

活躍する卒業生の紹介

活躍する卒業生の紹介を
もっと見る

course 学科・専攻紹介

業界のプロ講師陣が指導を行う、5学科14専攻を設置。
多彩なデザイン分野から目指す業界・職種を選び、専門職に必要な知識と技術を学びます。