札幌でデザイン系・建築系の専門職を目指す!北海道芸術デザイン専門学校

ABOUT bisenbisenについて

夢を”夢で終わらせない”ために

基礎力重視の実践教育により、一人ひとりを大切に指導します。

本校は、道内屈指の歴史と伝統を持つ専門学校で、また昼間部(職業実践専門課程)と夜間部(一般課程)を併設する全国でも珍しい学校です。

これまで1万人を超える卒業生を輩出し、その多くは様々な業界においてデザイナーとして活躍しています。

bisenの強みは、なんといっても講師陣の厚さです。変化が激しい業界の中で、第一線で活躍している現役のプロの指導を受けることができます。bisenが脈々と紡いできた歴史と伝統、ネットワークこそが、本校の教育がホンモノであることの証しです。

デザイナーやクリエイターを目指す皆さん、是非ともbisenでデザインの基礎から応用、そして実践までを学び、大きな夢をかなえてください。皆さんのbisenへの入学を待っています。

学校長写真

北海道芸術デザイン専門学校
学校長

根上 和也

建学の精神

本校では、職業実践専門課程認定校としての使命と責任のもと、プロ意識を持った即戦力を育成すべく、日々教育を行っております。
わたしたちは『熱意』『決意』『創意』を心に持った学生を育てる為に、私たち自身がまずその3つの意思を持って教育に望みます。

建学の精神 熱意・決意・創意

bisenの教育目標

  1. 専門知識、技術を習得する
  2. 社会人としての基礎力を身につける
  3. 希望者全員の就職

bisenの教育方針

  1. 学生の創造性を引き出す授業を実施します。
  2. 仕事に必要な知識と技術が身につく演習課題を設定します。
  3. 一人ひとりを大切にした教育を実践します。
  4. 各業界のプロによる実践教育を行います。
  5. 企業と連携し業界のニーズに応える人材を育てます。

bisenの特徴

50年を超える歴史

50年を超える歴史

bisenは50年以上、デザイン業界に卒業生を輩出している実績があり、業界からの厚い信頼があります。

求人の9割がデザイン系専門職であり、卒業生との広いネットワークも業界就職に強い理由の一つです。

即戦力となる実践授業

即戦力となる実践授業

トップクラスの現役クリエイターを講師として招き、クリエイターとしての考え方や物の見方を学びます。

課題のほとんどが、仕事で依頼されることを想定したテーマで、現場で必要な発想力や応用力を養います。

一人ひとりを支えるフォロー体制

一人ひとりを支えるフォロー体制

専攻ごとにクラス分けされており、常勤の担任がいます。担任が講師と連携を取り、一人ひとりを大切に指導していきます。

就職指導員が常勤し、定期的に担任を含めた三者面談を行います。志望する業界や職種での就職を目指しサポートしていきます。

アドミッションポリシー

デザインに興味・関心があり、将来はデザインを通じて地域・社会に貢献したいと考えている人の入学を期待しています。

  1. 基礎からしっかりと学ぶ意欲のある人
  2. デザイン業界で働きたい、もしくはものづくりのプロになりたい人
  3. 「好きなこと」に、とことん夢中になれる人