icon_arrow_right icon_arrow_right_bottom

bisen 北海道芸術デザイン専門学校

環境デザイン学科(2年制)

フラワーデザイン専攻

目指す職種

  • フローリスト・フラワーデザイナー
  • 生花店スタッフ
  • ブライダルフラワーコーディネーター
  • グリーンコーディネーター
  • ショップオーナー

目指す資格

  • フラワー装飾技能士(国家資格)
  • 色彩士検定
  • ビジネス能力検定ジョブパス
  • Excel表計算処理技能認定試験

フラワーデザイン専攻のポイント

生花を使った豪華な授業。

講師は、フラワーデザインのコンテストで、数々の受賞歴を誇るトップデザイナー。贅沢に生花を使い、高いデザイン力が身につきます。

デザイン力が強みになる!

プロのフローリストの指導により、生花店、ブライダル、ディスプレイ、空間デザインなど、様々な現場で応用できるデザイン力とテクニックを学びます。

地元とのご縁で、就職率100%!

bisenには花業界との強いネットワークがあります。そのご縁が、地元での就職に強い理由です。母の日などのイベント日周辺では、お花屋さんでの短期アルバイトもあります。

多彩な現場見学&実習で在学中から実践力を養います。

店舗実習(接客・販売)

花フェスタ

店頭で "花をアレンジ" 。お客様との触れ合いが嬉しい!

恵庭サン・ガーデン見学

生産地実習

道内で花苗生産のトップシェアを誇るサン・ガーデンを訪れ、土づくり、苗づくりのポイントや工夫の仕方を学びます。

在校生インタビュー

花の最も美しい姿を見せるために。

農業を営む祖父の影響もあり、幼い頃から植物が好き。進路を考えたとき、好きなことを学び、仕事にできると思い、bisenを選びました。オープンキャンパスで体験したフラワーアレンジや花束づくりは、授業でもやっぱり楽しい!先生の作品をお手本にして実践を重ねます。そこで得た技術や知識を応用する授業が、「クリエイティブワーク」。自分で考えたデザインを形にしていくのは難しいけれど、確実に成長できます。目標は、スキルを磨いて、花を最も美しく見せるアレンジができるようになることです。

古谷 梨汐佳さん

フラワーデザイン専攻 1年

古谷 梨汐佳さん 
[札幌真栄高校出身]

学生作品(画像をクリックで拡大・作品詳細)

清濁と命

清濁と命

生と死をテーマに、汚れたものから美しいものに変わる姿を廃棄物と花を使って表現しました。

髙橋 由名さん

脳夢心地-Noゆめごこち-

脳夢心地-Noゆめごこち-

夢心地だけではないモヤモヤの感情や脳内をイメージして表現しました。

菊地 彩衣里さん

ゆらめき

ゆらめき

海月をモチーフに、繊細で美しいゆらめきを花と重ね合わせて表現しました。

若本 望来さん

The Lifetime of  Plants

Towards the light

植物が光へ向かい螺旋を描いて上へ伸びるように花を生けました。

桑原 琳香さん

The Lifetime of  Plants

The Lifetime of Plants

植物が生長して枯れ、また新しい命が芽生えるという時の流れを表しました。

渡部 涼寧さん

面隠

面隠

人は誰も本当の心を隠し、本音は涙と一緒に流れる。その様子を表現しました。

森 夏美さん

滅びた地への救世主

滅びた地への救世主

荒れ地へ降り立った1羽の鳥が自然を豊かにする様子を表しました。

多賀 桃香さん

錯綜

錯綜

心の中に相反する動機や感情などの複雑に入り混じっている様子を表現しました。

橋本 寿菜さん

濁流心情

濁流心情

人の温かい感情が心の檻を壊して溢れ、流れる様子をイメージして、暖色を中心に濁流を表現しました。

中嶋 良輔さん

プロとして活躍中!フラワーデザイン専攻の卒業生

(クリックでインタビュー詳細)

フラワーアーティスト

本校非常勤講師
YANASE designオーナーフローリスト
YANASEさん
(本校第41期卒業)

どこの家庭でも花が飾られる
文化をつくっていくことが目標です

フローリストとして、店舗販売に加えて様々な装花も担当し、これまでに帝国ホテルなどのブライダル装飾、Diorやバカラなどのハイブランドとのコラボレーションなどを行ってきました。この仕事のやりがいは、花を通して人と人とのつながりに携われること。生きていく中で必ずしも欠かせない存在ではない花を、どれだけ身近に感じてもらえるかが、フローリストの使命だと思っています。bisenでは、そんな花の仕事の土台となる知識と技術を学べました。学生時代の経験が無ければ、これだけ作品を通じて人に感動を与える事はできなかったと感じています。さらに世界中に日本の花文化を伝え、いつかどの家庭でも花が飾られる文化をつくる事が、これからの私の目標です。

PROFILE

1988年生まれ。bisen卒業後、セントニクラウス大聖堂(ベルギー)の装飾に携わる。ザ・リッツ・カールトンの装花など多くの実績を重ね、2019年よりYANASE designオープン。International Floral Art 2018-2019 BLOOM's VIEW WORLD(2019年1月号)に世界の優秀作品として掲載。

フラワーコーディネーター

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ
長澤 茉莉花さん
(本校第47期卒業)

思い描いたイメージを形にする
在学中の経験が、今役立っています

自社で運営するハウスウェディング(一軒家貸切結婚式場)で会場全体の装飾をしています。1組のお客様を1人で担当し、そのお客様に合うお花の種類や色をご提案するので、1つとして同じ装飾にはなりません。ご新婦様の誕生日に挙式されたお客様の式では、ご新婦様の誕生石と同じ名前のお花を使用したことも。そのように“お二人ならでは”の提案ができ、心からの「ありがとう」をいただけたとき、とてもやりがいを感じますね。bisenで培ったお花に関わる知識・技術、そして進級制作や卒業制作での“自分が思い描いたものを形にする”という経験は、今仕事をする中ですごく役立っています。皆さんも在学中に様々なものを見て、感じて、自分の感性を豊かにしてください。

PROFILE

1993年生まれ。bisenに入学し、花やデザインについて学ぶ。卒業後、2015年より株式会社テイクアンドギヴ・ニーズでフラワーコーディネーターとして働いている。

パンフレット

専攻をもっと詳しく知りたい!
そんな方は、

資料を取り寄せてチェック!

資料を取り寄せてチェック!

オープンキャンパスで授業を体験!

オープンキャンパスで授業を体験!