札幌でデザイン系・建築系の専門職を目指す!北海道芸術デザイン専門学校

日々暮色舎 インテリアデザイナー 土居 宣喜さん

インテリアデザイン・コーディネーション専攻 本校第51期卒業

1998年生まれ。
2019年にbisenを卒業、日々暮色舎に入社。内装材や家具のコーディネートをはじめ、テーブルやベンチ、棚など、内装に合わせた家具の製作も手がける。

インタビュー

個人邸
家財の大半はアンティーク品。加工することで、ただ所有するだけでなく生活の一部にすることができる

リフォーム産業の需要と関心が高まり、もっと面白くなっていくでしょう

マンション・中古住宅のリフォーム・リノベーションに関する現場管理や、内装コーディネートを主に担当しています。
学生のときに学んだ、CADソフトの扱い方と図面を読むスキルがとても役立っています。
仕事では、内装材や家具の選定も行いつつ、工具を扱う現場で職人さんの補佐役をすることもよくあります。
リフォームの仕事は、壁を剥がすまで計画通り進められるかどうかがわかりません。もし予想と違っていれば職人さんと相談しながら仕上がりを目指して組み上げていきます。大変ですが、それがリフォームの面白さだと思います。

個人邸

ハウスメーカーのモデルハウス
内外装材や家具小物など、室内のすべてをコーディネート。

Other 他の卒業生を見る

活躍する卒業生の紹介に戻る

bisenの専攻